U-BASE Diary

U-BASEモノ倶楽部。『焚き火ナイト』イベント直前!オススメ”焚き火台”特集

キャンプの楽しみの一つといえば”焚き火”です。焚き火はどんな人数で行こうと、今やどんなキャンプであろうとキャンプで必ず行う行事の一つです。特に以前と違って直接焚き火をしていい直焚き火がOKなところも少なくなってきました。今回のU-BASEモノ倶楽部ではキャンプに欠かせず、そして極上の時間を演出してくれる焚き火に必要な『焚き火台』をご紹介いたします。

UNIFLAME 『FIRE STAND Ⅱ』

焚き火台の信頼のブランドといえば「UNIFLAME(ユニフレーム)」。”Create the Unique Flames(ユニークな炎を想像する)”の理念がそのままブランド名になっています。この『FIRE STAND Ⅱ』は、メッシュ構造の焚き火部分と脚となるスタンドで形成されており、折りたたんで収納時には非常にコンパクトになるため人気です。特殊耐熱鋼で出来たメッシュによって空気の流れが良くなり、焚き火が燃えやすいのも人気の秘訣。地面を傷めずに焚き火を楽しめるため、直火禁止のキャンプ場でも使用可能な場合が多く便利です。


UNIFLAME 『ファイアグリル』

次にご紹介する焚き火台は、UNIFLAMEが誇る傑作といっても過言ではない『ファイアグリル』です。ステンレススチール製で耐久性が高く、焚き火台として長期間の使用にも耐えることができ、かつ付属の焼き網を使えばバーベキューグリルとして直火調理することができます。その多用途性に加えてソロからファミリーキャンプまで対応するサイズのバリエーション、高品質でありながら比較的手頃な価格と総合的にも高得点な焚き火台です。

ベルモント 『焚火台 TOKOBI』

Belmont(ベルモント)はフィッシングとキャンプのギアを製造している日本のメーカーです。特に焚火台はベルモントの人気商品の一つ。UNIFLAME『FIRE STAND Ⅱ』と同様のメッシュ構造で、軽量かつコンパクトなデザインは持ち運びに便利です。また地面を直接傷めることなく、高い通気性で効率的に燃焼できるよう設計されており、焚き火台としてもグリルとしても使用可能。キャンプやアウトドアでの焚き火と調理を両方楽しむための信頼できる焚き火台です。

HANG OUT 『Flame Pit』

W385×D350mmの受け板で薪を組むことができ、BBQ用の網を外せば大きめの薪も問題なく置くことが出来ます。また薪の置き方は並列型はもちろん、井桁型、合掌型など様々な薪組みで燃焼の違いを感じながら焚き火を楽しむことができます。正方形に近いデザインだからソロで焚き火を純粋に楽しむことも、複数人で焚き火を取り囲むこともできます。地面から受け板までの高さは約300mmあり地面への影響もわずかです。チェアに座って焚き火調理もしやすい高さです。

SNOW PEAK 『焚火台』

数ある焚き火台の中でも定番といえば、スノーピークの『焚火台』。ビギナーからベテランキャンパーまで幅広く愛されており、発売から20年以上もの長い間販売台数を伸ばし続けているスノーピークのシンボル的存在のアイテムです。設営はパッと開いて置くだけ、撤収もさっと畳んでしまうだけと、この上なくシンプルな構造でありながら、厚さ1.5mmのステンレスは、800℃にも上るといわれる焚き火や炭火の熱にも耐えうる頑強なスペック。4本の脚にもステンレスパイプを使っており、衝撃や熱にも負けません。この高い機能性はもちろん、シンプルで飽きのこないスマートなルックスもまた魅力です。

Rob Snow 『焚き火台』

大胆で遊び心満載なデザインが特徴的なガレージブランド『Rob Snow』。金属製品にこだわっているRob Snowの焚き火台は高品質で職人の技が光る大胆で他にないデザインが特徴的です。素材には、重厚で無骨な風格を携える「黒皮鉄」を使用し、組み立て式になっておりますので、六角形の側面プレート、脚、底板の3つのパーツに分離することで収納もコンパクトに、持ち運びも簡単に行えるようになってます。

Rob Snow x ORANGE 別注 『SHINOBI』

Rob Snowとアウトドアショップ Orange のコラボした焚火台『Shinobi』。舞い上がる炎をモチーフにしたい幾何学模様のその中に『RobSnow』と『Orange』の両ブランドの文字が見える遊び心満載のデザインになってます。またRob Snowの焚き火台に見られる重厚で無骨な風格を携える「黒皮鉄」を使用し、その特徴的なフォルムと個性を踏襲した一品となっています。

いかがでしたか?今回は、迫力ある焚き火が出来る大きめの焚き火台を多くご紹介させてもらいましたが、店頭には他にもいろいろな種類の焚き火台を揃えています。是非店頭でもご覧になってください。

U-BASE CAMP『焚き火ナイト』開催!

6月8日〜9日にかけてWEINS PARK U-BASEにて『焚き火ナイト』という焚き火にちなんだイベントを開催いたします。焚き火マイスター・アウトドアプランナーとして活躍される【猪野正哉】さんと、アウトドアブーム火付け役のファッションスタイリストとして知られる【平健一さん】をお招きし「焚き火」を通してアウトドアの楽しみを深める宿泊体験イベントとなっています。もし焚き火に興味のある方はこちらも合わせてチェックしてください!

U-BASE CAMP『焚き火ナイト』開催

2024.06.08-2024.06.09

【日時】6月8日(土)〜 9日(日)
【場所】WEINS PARK U-BASE CAMP

【タイムテーブル】
● DAY 1 6月8日(土)
13:00 チェックイン
15:00~ ワークショップ ・フリータイム
   - 火の付け方、薪割り、焚き火講習
   - 燻製体験
   - サウナ体験
19:00~ 焚き火トークショー with ウイスキー
   - 焚き火マイスター猪野氏 × スタイリスト平氏
20:00~ フリータイム
21:00 Close

● DAY 2 6月9日(日)
7:00~ 各自朝食
10:00~ 解散

【宿泊費+参加費】
● フリーサイト(3枠) 宿泊費5,500円(推奨人数4名まで)
● RVサイト(3枠) 宿泊費6,500円
● コテージ  販売終了いたしました。
● イベント参加費 3,000円/人

>ご予約はコチラから

【必要なお持ち物】
・焚き火に必要なギア(焚き火台・火ばさみ・チェア・焚き火テーブル・ファイヤースターター・ナイフ等)
・宿泊に必要なギアなどは各自ご用意ください。
※有料になりますがレンタルも可能です。必要な薪はこちらでご用意いたします。
※夜は冷え込む場合もございますので、暖かい服装でお越し下さい(ナイロン製のお洋服は燃えやすい為、お控えください)。

※天候により中止の可能性あり。雨天決行の予定ですが、主催者としてイベントが楽しめないと判断した場合には中止とさせていただく場合がございます。中止の場合には料金は払い戻しさせていただきます。
※主催者が中止としない場合には料金の払い戻しは出来かねます。

TAGS

U-BASE CAMPU-BASE COFFEEU-BASE海老名WEINS PARK海老名
  • HOME
  • U-BASE DIARY
  • U-BASEモノ倶楽部。『焚き火ナイト』イベント直前!オススメ”焚き火台”特集