single-archive.php tag :U-BASE DIARY

U-BASE DIARY

もしもキャンピングカーがあったなら – 晝田 瑞希

私は、現在プロボクサーとして活動しています。

ピンクヘアがトレードマークです!

試合時の入場シーン

高校でアマチュアボクシングを始め、自衛隊に入隊し、6年間自衛官アスリートとしてボクシングをしていました。

自衛官時代の訓練中

そして今年の春、自衛官を退職し、プロボクサーになりました。

先日デビューをし、無事勝利を収めることができました。

デビュー戦の時

私はキャンプやアウトドアがとても好きで、グランピングに行ったり、デイキャンプで川へ行ったりバーベキューをしたり、SNSで #キャンプ など調べては、行きたいなぁと妄想しています。笑

また自衛官だった時に寮生活に飽きた私は、キャンプのような非日常を味わいたくて、テントを購入し寮の中でテントを広げ、そこで寝てキャンプ気分を味わったりしていました。笑

-もしもキャンピングカーがあったなら-

キャンピングカーと聞いて、まず頭に浮かんだのは、お母さんの言葉でした。

何年前かもわからないくらい昔ですが、『キャンピングカーが欲しい』と言っていたことを覚えています。

デイキャンプで行った川で遊ぶ私

理由は色々あったと思いますが、1番印象に残っていることは、『災害があったときにキャンピングカーがあると助かる』と言っていたことです。

もちろん、家族でキャンピングカーで出かけたり、目的地まで乗って行ってバーベキューをしたりキャンプ飯を食べたり…そんな事もキャンピングカーがあれば出来ちゃうと思います。

でもキャンピングカーはそんな非日常な楽しいことだけじゃなくて、何かあった時にとっても役に立つ、私達の命を守ってくれる存在にもなれると思います。

そんな安心な存在が常に近くにあると、とっても安心して暮らせるし、災害時などそうでない時は私たちを楽しませてくれるなんて、スーパーマンみたいな存在に感じます。

キャンプに行った時に作った朝ごはん

楽しいも安心も全て兼ね備えている、最強の乗り物。

私がプロボクサーとして最強になって、いつかしっかり稼げるようにらなったら、欲しいと言っていたお母さんにプレゼントしたいです。

災害は起こらないことが1番なので何も無いことを願っていますが、プレゼントできる日が来たら、お母さんとお父さんとどこか旅に出て、バーベキューをしたり美味しいキャンプ飯を食べて、幸せで平和な時間を過ごしたいです。

試合に勝利して喜ぶ私

晝田 瑞希 (ひるた みずき)
- プロボクサー -
Instagram @mizukihiruta33
Twitter @mizukihiruta33